2016/08/13

OSHO : 何かを達成しようという観念は いっさい捨てなさい



元記事

<初期書簡集より>
1962年

拝啓

愛情のこもった便りをありがとう

あなたは、瞑想をしていると言う
それは喜ばしいことだ

瞑想で、何かを達成しようという観念は
いっさい捨てなさい

ただ、自然に瞑想するがいい
起こることは、自然に起こる

ある日、骨折らずとも
あらゆることが、ひとりでに起こり始める

努力というものは、瞑想にはつながらない
実際には、それは邪魔物だ

努力、訓練、勉学というようなものは
そのなかに緊張がある

どんな期待でも
たとえ、安らぎへの期待であっても
落ち着きのない状態をもたらす

その緊張が、なくならなければならない
緊張がなくなるや否や
聖なる安らぎが訪れる

「自分がやっている」
という感覚を持つのをやめなさい

その代わりに
「在るそのものの手に、自分をゆだねる」
ということを、了解するがいい

明け渡すのだ
自分を完全に、明け渡しきってごらん

これをするが早いか
「空」(くう)が訪れる

「呼吸も体も、リラックスして来ている」
と、あなたは言う

これが、マインドについても起こるだろう
マインドが去ったとき
何が起こるかは、筆舌に尽くしがたい

わたしは、あなた方両人に
これが起こるであろうことを、知っている

ただ自然に、目的意識を持たずに続けなさい

まもなく、わたしもそちらに行く
それまで、わたしが今言ったことを
静かに続けてごらん

みなさんに、よろしく
書きたくなったら、いつでも手紙を書きなさい

わたしは、完全な至福の内にある


OSHO:「ア・カップ・オブ・ティー」(めるくまーる社)より
by mudito

0 件のコメント: